植毛とは?経験者によるデメリットも解説【アラサーでAGA治療中の方必見】

植毛に興味があるAGA治療中のアラサー男性、ぜひ最後まで見て下さい。

 

こんにちは。植毛大全の管理人です。

この記事は、以下の内容に共感してもらえる人に向けて、植毛について基礎知識をお伝えします。

 

  • AGA治療したのに効果がない
  • 育毛剤も効かなかった
  • ハゲをまわりにイジられたくない
  • 女の子と堂々と話したい

 

実はこれ、私のことです。私は10代よりM字ハゲのコンプレックスに悩んでおり、様々な育毛法を試してきました。ですが、どれも期待した効果が出ず、悩んだあげく32歳の時に1500株(約3800本)の自毛植毛をしました。

 

結論を述べます。悩んでいる人は植毛おすすめです!

植毛によって、3つのメリットがありました。

周りの同僚や友人にイジられなくなった
ハゲの悩みから開放された!
彼女ができた!

 

後悔したのは、「もっと早くやればよかった」でした(笑)

5分ほどでサックリ読めるので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

この記事を読んだら分かること
・植毛の知識(経験者が語るデメリットなど)
・ハゲの進行度ごとの費用目安
・AGA治療で効果なかった人や女性の薄毛におすすめの理由
・治療のため具体的にどうすればいいか

 

 

植毛とは?

植毛とは?

植毛とは、自分の毛や人工の毛を、薄毛が気になる部分に移植する医療行為です。AGA治療薬では効果がでにくい「生え際」や「前頭部」でも大丈夫なのが特徴です。

 

自毛植毛がおすすめ

植毛には2種類の方法があります。自分の毛を移植する「自毛植毛」と、人工の毛を移植する「人工毛植毛」です。

 

人工毛植毛はポリエステルなどの人工物を植毛するので、自由に長さや色をデザインできたり、自毛植毛と比べて安くなるメリットがあります。ただし、体が拒絶反応を起こす可能性があり、最悪の場合はせっかく植えた人工毛を抜かなくてはいけません。

 

1900年に創立された日本皮膚科学会のガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」でも、以下のように注意しています。

男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに人工毛植毛術を行うべきでない

 

ただし、自毛植毛については、以下のように推奨しています。

男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧める

特別な事情を除いて、自毛植毛を選びましょう!

 

他の育毛法との違いは抜けにくさ

植毛は、一般的な育毛剤やAGA治療薬での治療と違い、植えた毛が抜けにくく生えやすいというメリットがあります。

これは、自毛植毛の場合、薄毛になりにくい側頭部や後頭部から毛を移植するためです。

てっぺんまでハゲてる人でも、横と後ろは毛が残ってますよね。

 
なぜ横や後ろが抜けにくいのか?
AGAの原因は、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)ですが、頭の前や頭頂部はこのDHTが多く生成されるのです。

DHTが生成されると髪に脱毛シグナルを送ってしまうので髪が抜けます。

一方、頭の横や後ろはDHTが生成されにくいため、髪が抜けにくいのです。

 

そのため、植毛した部分はAGAによる薄毛が進行しにくいのです。

ほかの薄毛対策と植毛の比較を表にまとめました。

対策法改善効果副作用抜けにくさ費用
AGA治療薬
市販の育毛剤
生活習慣改善
増毛
植毛

どの対策法も一長一短あります。自分に合った方法を選ぶことが大事ですね。

 

 

植毛の効果は?

植毛の効果は?

植毛の直接的な効果はハゲじゃなくなることですが、大切なのはその後です。

ハゲがなくなることで、以下の効果が期待できます。

  • 自信を取り戻せる
  • 彼女ができる!かも(笑)

 

自信を取り戻せる

植毛すれば、コンプレックスから開放されます。

以下は私の体験ですが、あなたも覚えがありませんか?

  • ハゲを友人にいじられる
  • 薄毛が気になってオシャレができない
  • 自信がなくて女の子と堂々と話せない

 

植毛すれば、全て解決します。自信がつくので性格も明るくなるし、何事にも前向きになれます。

私は植毛で悩みから開放されました。

 

彼女ができる!かも(笑)

上でも書きましたが、私はハゲていた頃、自分に自信がなくて女の子とまともに話せませんでした。自分から声をかけて、もし嫌そうな反応をされたらと思うと、怖かったのです。

 

髪が増えてからは、オシャレな髪型や服装も楽しめるようになり、自信がつきました。合コンにもチャレンジし、結果として彼女もできました!

本当に植毛して良かった!

 

もし、ハゲがコンプレックスで女性に声をかけられないなら、植毛を検討してみて下さい。

 

 

デメリットはある

デメリットはある

ここまで植毛に対する良い面を紹介してきましたが、誰にでも手放しでオススメできる治療法ではありません。

植毛には植毛のメリットとデメリットがあります。

ここでは体験者である私が感じたデメリットを紹介します。

 

植毛してもAGA治療は必要

植毛したらもう安心、ではありません。定期的なAGA治療が必要です。

 

上で説明しましたが、髪が抜けにくい側頭部や後頭部から植毛するので、植えた部分は髪が抜けにくくなります。

ただし、植毛していない部分は、放置していると薄毛がどんどん進行します。

つまり、植毛した部分だけ残る不自然な状態になるのです。

 

植毛に限った話ではありませんが、AGAは現代医学では完治する事が難しいため、自分が納得する時期までAGA治療とつきあう必要があります。

 

基本的に高額

最初に言っておきます。

植毛は高い!

 

具体例として私の場合は説明します。

私の場合は1500株(約3800本)を植毛しました。

*1株(グラフト)あたりの髪は2~3本です。

 

なるべく費用をかけたくなかったので、実績がありつつ比較的安いクリニックへ行きましたが、それでも約160万円かかりました。

 

どうですか?引きましたか?

私は最初金額を調べた時、引きました(笑)

 

たかが髪に160万円という大金です。車が買えます。オーダーメイドのスーツや良い時計も買えます。海外旅行だってビジネスクラスで行けちゃいます。

 

だけど、そのお金を渋ってこのまま暗い惨めな人生を送るよりは、思い切ってやってみよう!と思ったのです。

もし失敗したら高い勉強代だと思って、笑い話にするつもりでした。

 

結果的に、私は植毛をやって大正解でしたが、それでも高額なのは事実です。

お財布に余裕がある人にオススメします。

 

傷跡が残る

植毛は簡単に言えば、穴を開けてそこに毛を植える治療法です。

その為、細かい傷跡が残ってしまいます。

といっても、近くでマジマジ見ないと分かりません。

 

どうしても肌を傷つけたくない人にはオススメできません。

 

 

植毛に必要な費用

植毛に必要な費用

上でも説明しましたが、植毛は高額な費用が必要となります。

具体的にどれくらい必要なのか、薄毛のケース別に解説します。

 

保険適用外なので高い

そもそも高額になる理由は、植毛に限らずAGA治療が自由診療だからです。

AGAは怪我などと違い、命の心配が無いので保険が効かないのです。
こんなに悩んでいる人がいるのに。

 

ただし、精神的な疾病による脱毛症の治療のケースなど、保険が適用される可能性もあるので、気になる人は最寄りの税務署にお問い合わせ下さい。

 

薄毛の進行度ごとの費用目安

当然、ハゲが進行していて植毛する株数(グラフト数)が増えると、その分だけ高額になります。

 

具体的にどれだけ植毛が必要なのかは、本人の希望や頭部の状態で一人ひとり異なるので、ここでは正確な数字はお伝えできません。

詳しくはクリニックでカウンセリングを受けて決めることになります。

 

ですが、薄毛の進行度合いによって概算はできるので、チェックしてみましょう。

AGA分類

上の図はAGAの診断で用いられる、ハミルトン・ノーウッド分類と呼ばれるAGA判定図です。ご自分の頭部と比較してレベル(Ⅰ~Ⅶ)を確認して下さい。

 

各レベルに応じた、必要な株数と費用概算を表にまとめました。

AGA進行レベルⅠ~ⅡⅢ~ⅣⅤ~Ⅶ
必要な株数500~1000株1500~30004000株~
費用概算70~120万円190~300万円400万円~

 

あなたが植毛するにあたって必要な金額が分かりましたか?
あくまで概算なので、詳しくはクリニックでカウンセラーや医師と相談下さい。

 

 

 

どんな人におすすめ?

どんな人におすすめ?

ここまで植毛の効果やメリット・デメリット、費用について解説してきました。

それらを総括して、植毛はどのような人におすすめなのか独断します。

 

すばり、「AGA治療が効果なかった人」と、「薄毛に悩んでいる女性」です。

 

AGA治療が効果なかった人

私は植毛をオススメしていますが、ハゲたらすぐに植毛!とは言いません。

私の場合は体質的に効果なかったのですが、AGA治療を受けた事の無い人は、最初はAGA治療薬などを試して下さい。

それで抜け毛が減ったり、新しい髪が生えてくる可能性も十分あります。

 

日本皮膚科学会のガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」でも、1番推奨しているのはAGA治療薬(プロペシアなどの内服や、ミノキシジルの外用)です。

 

その上で、AGA治療薬が効果なかった人にこそ、植毛をオススメします。

 

女性の薄毛にも有効

植毛は女性の薄毛にも有効です。

 

最近では女性もAGAと呼ばれるようになり、女性の薄毛治療も一般的です。

しかし、AGA治療薬の有効成分フィナステリドは、副作用の関係で女性は服用できません。別の薬を使う事となるので、効果が薄いのが現状です。

 

植毛は副作用などないので、女性でも高い薄毛改善効果が期待できます。

なりたい自分になれなくて悩んでいる女性におすすめします。

 

 

具体的にどうすればいいの?

具体的にどうすればいいの?

ここまで読んで植毛に興味をもったけど、具体的にどうすればいいの?という疑問にお答えします。

 

一般的に以下の流れで治療は進みます。

  1. クリニックへ予約
  2. カウンセリング
  3. 手術当日

 

クリニックへ予約

植毛クリニックでは、手術の前にカウンセリングを実施しています。

基本的にホームページから予約できるので、希望の日時で予約しましょう。

 

カウンセリングは1時間ほどで終わります。

 

カウンセリング

あなたの薄毛治療の経験や頭皮の状態に応じて、医師やカウンセラーから、治療の提案やリスク、費用見積もりなどの説明を受けます。

カウンセリングを受けて納得したら、治療に進みます。

もちろんその場で契約しなくてもOKです。

 

手術当日

当日は最終確認をしてから手術を実施します。

手術は以下のように進みます。

  1. 着替え
  2. 麻酔
  3. 移植する株の採取
  4. 毛髪の移植
  5. 術後のケア(包帯など)

 

最後に支払いをして終了です。

私の場合(1500株移植)の所要時間は、全部で6時間ほどでした。
もちろん数によって変わるし、手術法でも変わります。

 

基本的に術後の通院は不要なので、あとは経過を見守ることになります。

 

 

まとめ

最後まで読んでくれてありがとうございます!

 

この記事を読んで分かったこと
・植毛の基礎知識(経験者が語るデメリットなど)
・費用目安は70万円以上
・AGA治療で効果なかった人や女性の薄毛におすすめの理由
・治療を受けるには、最初はクリニックへカウンセリング予約する

 

上でもお伝えしましたが、植毛は全ての薄毛の人にはおすすめできません。

ですが、私と同じ経験をされている方は、クリニックで話だけでも聞いてみてはいかがですか?

 

行動すれば人生は変わります。行動しなければ、一生そのままです。

 

コメント

  1. […] 植毛してもAGA治療が必要な理由は、「植毛とは?経験者によるデメリットも解説【アラサーでAGA治療中の方必見】」をご覧ください。 […]